子宮内黄体ホルモン放出システムをご使用中の方のための LINEアプリによる治療サポートサービスをリリース

2019年3月01日 [金]

健康・医療分野の広告メディア事業ならびにマーケティング事業をおこなっている株式会社QLife(キューライフ/本社:東京都港区、代表取締役:有瀬和徳)は、過多月経や月経困難症に悩む患者さんのサポートを目的に、バイエル薬品株式会社の提供を受け、LINEアプリによる治療サポートサービスをリリースしました。

本LINEアプリによる治療サポートサービスは、同社が製造販売する子宮内黄体ホルモン放出システムをご使用中の方を対象としたサービスです。同システムは、装着後1ヶ月後、3ヶ月後、6ヶ月後、1年後、その後は少なくとも1年に1回、処方した医療機関の受診が必要となります。しかし、受診までの間隔が長く受診を忘れてしまう恐れがあることから、リマインダー機能を搭載したサービスの提供により、定期的な受診の促進を目的に開発されました。

子宮内黄体ホルモン放出システム LINEアプリによる治療サポートサービスの主な機能

【1】定期検診のお知らせ
「装着日」を設定すると、経過年月に合わせてLINEメッセージが届きます。

【2】受診のお知らせ
次の受診日を設定できます。設定した受診日の1週間前と1日前にお知らせメッセージが届きます。

【3】MYカレンダー
装着日や受診日を月ごとのカレンダーで一覧できます。

操作はとっても簡単!
メニューボタン選択とトーク画面のメッセージに答えるだけ!

  1. メッセージに回答(タップ)するだけで記録されます
  2. 装着日を入力すれば定期検診のお知らせメッセージが届きます
  3. 受診日を設定すると1週間と1日前にお知らせメッセージが届きます
資料請求・お問い合わせはこちらから
ページ上部へ