最も不調を感じていない「胃強県」は千葉 最も不調を感じている「胃弱県」は兵庫・長崎 胃弱改善・予防に食べる食品ベスト3は、ヨーグルト、納豆、豆腐~47都道府県「胃の不調に関する実態調査」~

2019年1月17日 [木]

健康・医療分野の広告メディア事業ならびにマーケティング事業をおこなっている株式会社QLife(キューライフ/本社:東京都港区、代表取締役:有瀬和徳)は、全国47都道府県の20歳~59歳の有職者男女4,888人を対象に、「胃の不調」に関する調査を実施した。

その結果、過去1年以内に胃の不調・症状を感じた人が53.3%と、2人に1人が「胃弱」を訴えていた。さらに都道府県別にみてみると、「胃弱県」は兵庫県と長崎県で全国平均を約10ポイント上回る62.5%。一方、「胃強県」は千葉県で、平均より10ポイント下回る43.3%だった。

※「胃弱」とは、胃もたれや胃痛、胃のムカムカなどの胃の不調を感じている状態を表す造語

胃強県ランキング1位は千葉県

最も胃の不調を感じている「胃弱県」は、兵庫県と長崎県(62.5%)だった。一方、最も胃の不調を感じていない「胃強県」は、千葉県(43. 3%)だった。

義務感が強いと、胃弱を招く?

調査では「義務感」など自身の性格についても質問した。

  • 胃弱県である兵庫県は、「義務感が強い県ランキング」で全国2位という結果だった。

食生活と胃弱の関係は

  • 胃弱県である長崎県は、「脂っこい料理好きな県ランキング」で全国2位、「甘い飲み物好きな県ランキング」で全国3位だった。
  • 胃弱県である兵庫県は、「食べ過ぎ県ランキング」で全国1位だった。
  • 胃強県である千葉県は、「白米・ご飯好きな県ランキング」で全国2位だった。

胃の不調時の対策食品、定番は発酵食品

全国47都道府県を通して、胃の不調時に手軽に摂り続けることができそうな食品の1位は「ヨーグルト」。2位は同じく発酵食品の「納豆」、3位は「豆腐」だった。
胃強県である千葉県でも、同様に1位は「ヨーグルト」だった。

資料請求・お問い合わせはこちらから
ページ上部へ