治療の継続支援 継続して疾患と向き合うサポート 治療の継続支援 継続して疾患と向き合うサポート

ときには長期に渡ることもある治療。QLifeでは疾患と向き合っていく方を支援するツールを開発・提供しています。特に近年はLINEを活用し、より多くの方が治療継続しやすいツールの開発を行っています。

健康・服薬管理ツール(LINE)

健康・服薬管理ツール(LINE) 健康・服薬管理ツール(LINE)

LINEのChatbotなどのサービスを利用し、様々な疾患の患者さん向けツールを作成しています。
新たなテクノロジーを積極的に採用し、新たなソリューションを提案しています。

お問い合わせはこちら

健康・服薬管理ツール(アプリ)

喘息ダイアリー(iOS)

喘息ダイアリー(iOS) 喘息ダイアリー(iOS)

アストラゼネカと共同開発した、喘息のコントロール状況や服薬・受診日を管理できるぜんそく治療お役立ちアプリです。

鼻アレルギー日記

鼻アレルギー日記 鼻アレルギー日記

塩野義製薬と共同開発したアレルギー性鼻炎の治療をサポートするアプリ。服薬・症状などを記録しながら、キャラクターと世界一周が楽しめます。

Epi Diary (iOS)

Epi Diary (iOS) Epi Diary (iOS)

大塚製薬・ユーシービージャパンと共同開発した、てんかん発作日誌アプリ。日々の体調や発作、服薬状況を記録できる他、服薬お知らせ機能も。

服薬管理ツールをご検討中の方へ

QLifeでは、患者さんの治療継続支援を行っています。LINEやアプリなど、媒体問わず様々なツール開発が可能です。患者さんのアドヒアランス等に課題がありましたら、お気軽にお問い合わせください。

ページ上部へ