新しい経験が積める環境

エディター Y.H.

新しい経験が積める環境

Y.H.エディター

語学系出版社で英語学習書等の企画編集。
外資系出版社にて、製薬会社向けのプロモーションツール作成支援、
治験論文作成支援等の制作進行管理。
2020年6月より現職。

  • # improve myself
  • # エディター

新たな挑戦の場を求めて転職

以前の会社では、製薬企業向けの販促資材作成支援、治験に関連する論文の作成支援などを行っており、プロジェクトの制作進行管理と予算管理を担当していました。ですが、もっとコンテンツに携わる仕事をしたいという思いと、新しいことに挑戦したいという思いが私自身の中で湧いてきて、転職を決意。その時に出会ったのがQLifeでした。望んでいたコンテンツに関わる仕事ができる点に加え、過去に経験したことがない案件に携わることができるという点が入社の決め手になりました。
入社後は、クライアントの依頼を受けて販促用のリーフレットやWebサイト用のコンテンツ制作、患者さんや医師へのインタビュー取材などに携わっています。お客さまとの折衝を行う営業、Webサイトを構築するディレクター、エンジニア、デザイナー、記事を執筆する外注ライターさんなど、社内外で連携をとりながら制作を進めています。

エディター Y.H.
エディター Y.H.

正しい情報を発信し続ける存在でありたい

QLifeの大きな役割は、私も含め、社会の多くの人の健康に貢献することだと思います。時代の変化に対応しながらヘルスケア情報の発信者としての地位を確立していくこと。そのために私はエディターとして、より多くの患者さんに役立つ、かつ正しい情報の発信者になりたいと思っています。入社してからさまざまな新しい業務を経験しましたが、進化し続けるデジタルデバイス領域にも対応できるように、経験や勉強をさらに積んでいきたいですね。そうすることで、クライアントやユーザーの要望に応えられる存在になれるのではと考えています。

仕事で得られる楽しさと可能性

QLifeには経験年数にかかわらず挑戦できる環境があります。私の場合、前職の経験を活かした論文作成支援だけでなく、患者さんと関わるインタビューや座談会の進行、Webサイトの構築やLINEをプラットフォームとするコンテンツ作成など、未経験のプロジェクトにも入社直後から携わることができました。もちろん、最初は周囲のサポートを受けながらでしたが、知らないことを吸収しながら仕事ができ、非常に楽しく、やりがいをもって取り組めました。
私と同じように、新しいことに挑戦したい人、ルーチンワークでは物足りない人、試行錯誤しながら仕事を進めることにやりがいを見出せる人には、ぜひQLifeを目指してもらいたいですね。仕事の楽しさと大きな可能性を見出していただければと思います。

エディター Y.H.
エディター Y.H.

improve myself 向上心を持つ

「人の意見に耳を傾けること」を日々の業務の中で意識しています。良い仕事をするためには、常に自分を高めようという意識を持ち、改善しながら仕事を進めていく必要です。さまざまな職種が集まりチームとして仕事を進める必要がある私の部署では、他のメンバーの意見や仕事の進め方など、参考になるところは積極的に聞き入れ、独りよがりにならないように気を付けています。QLifeの社員一人一人は素晴らしいスキルやセンスを持っていると感じています。常に多くの刺激を受け、自分自身のスキルアップにつながっています。

エディターの
応募要項はこちら
ページ上部へ