【15年7月版】「病院探し・お薬探しの“切り口”」の最新動向を発表

2015年8月10日 [月]

7月の急上昇キーワード:
検索数トップは【大腸 内視鏡】【整形外科】【ロキソニン】
夏本番になり、【魚の目】【水虫】【下肢静脈瘤】などの脚の悩みの検索が増加

【病院探しキーワード】
6月と同じく【大腸 内視鏡】が検索数トップに、【】、【人間ドック】と続いた。ほか、【水虫】や【魚の目】、【下肢静脈瘤】といった、脚の悩みに関連する病気の検索が増加したほか、【クローン病】の検索が大幅に増加、ランキング圏外から14位に入った。

クローン病とは・・・
小腸や大腸を中心とする消化管に炎症が起こり、ただれや潰瘍ができる慢性疾患。腹痛のほかに下痢、下血、体重減少や発熱などが症状として起こるほか、痔瘻などの難治性の肛門疾患を伴うこともある。近年、国内でも患者数が増えており、その原因の1つに、食生活の欧米化が挙げられている。
(QLife家庭の医学 クローン病 http://www.qlife.jp/dictionary/item/i_160308000/

【診療科目】
整形外科】が検索数トップに。以下、【内科】、【皮膚科】と続いた。

【薬剤】
ロキソニン】が検索数トップに。高血圧治療薬の【アムロジピン】、抗血小板薬の【バイアスピリン】と続いた。

詳しくはこちら[PDF]

資料請求・お問い合わせはこちらから
ページ上部へ