【14年6月版】「病院探し・お薬探しの“切り口”」の最新動向を発表

2014年7月11日 [金]

最も検索されたのは「大腸 内視鏡」「整形外科」「ロキソニン」
「下肢静脈瘤」「水虫」など肌の露出が多くなる夏特有のキーワードや
NHK「ためしてガッテン」でも特集された「変形性膝関節症」の検索が増加

全体的な傾向では、キーワードでは前月に引き続き、内視鏡検査に関する検索が増加したほか、【水虫】などの梅雨から夏の季節特有の単語が多く検索された。薬剤では降圧剤、抗凝固薬といった循環器系薬剤の検索が増加した。

【キーワード】
検索数トップは前月と同じく【大腸 内視鏡】。3位には6ランクアップした【内視鏡検査】も入り、内視鏡検査関連の検索数はさらに増加している。また、6月18日放送の「ためしてガッテン」のテーマだった【変形性膝関節症】の検索数が急増加(5月はランク外)のほか、肌の露出が多くなる夏場を控えて、【下肢静脈瘤】【水虫】の検索数も増加した。

【診療科目】
検索数トップは【整形外科】、以下【内科】【心療内科】と続いた。

【薬剤】
ロキソニン】【ムコスタ】の上位2薬剤は前月と変わらず。上位では【アムロジピン】が3位に入ったほか、【バイアスピリン】【プラビックス】【ワーファリン】などの循環器系の薬剤の検索数が増加した。

詳しくはこちら[PDF]

資料請求・お問い合わせはこちらから
ページ上部へ