【13年9月版】「お薬探しの“切り口”」の最新動向を発表

2013年10月16日 [水]

9月の検索数トップは「ロキソニン」。「ディオバン」の検索数が大きく下落
長引く暑さが影響し、“秋花粉”ターゲットの抗アレルギー薬の検索が伸び悩み

9月に最も多く検索されたお薬は【ロキソニン】で、次いで【ムコスタ】【ムコダイン】となり、ランキング上位に特に大きな変動は見られなかった。【ディオバン】のランキングが16ランクダウンと大きく下落し、一連の報道を受けての患者の検索急増は先月で収まりつつあるように見える。ただし【リバロ】【ミカルディス】がともに10ランク上昇しており、循環器官用剤の勢力図が大きく変化していることが検索ランキングからも推察される。

猛暑の勢いは9月や10月になっても収まらず、各地で史上最も遅い真夏日などが観測されているが、「秋の訪れの遅れ」は検索ランキングでも如実に表れている。毎年、秋花粉の飛散に伴い、ランキングが上昇する抗アレルギー薬だが、今年の出足は昨年と比べて遅い模様だ。2012年秋にはベスト10にランクインした【アレグラ】はじめ、【アレロック】など、抗アレルギー薬の順位が軒並み2012年を大きく下回っている。しかしながら、花粉の飛散量については特にアナウンスがされていないことから、花粉が少ないのではなく、ピークが後ろ倒しになることが推測される。

詳しくはこちら[PDF]

資料請求・お問い合わせはこちらから
ページ上部へ