【09年11月版】「病院探しの“切り口”」の最新動向を発表

2009年12月03日 [木]

11月の病院探しは、「漢方」が事業仕分けの保険給付議論影響か急上昇
「婦人科」が1年以上ぶりのトップ、「インフルエンザ」「安い」がランク維持

長らくトップの座にいた【皮膚科】が、6か月ぶりに首位を【婦人科】に明け渡した。【婦人科】の首位は2009年9月以来である。一方で、4月まで5か月連続首位だった【歯科】が最近連続して順位を落とし、今月は6位まで下がっている。
また、先月に引き続いて【インフルエンザ】も高い水準にある。【インフルエンザ】と連携することが多い【安い】もランクを維持している。
一番の注目は【漢方】だろう。もともと上位ランクの常連ワードではあるが、21位まで上がったのは久しぶりだ。やはり、「漢方薬の公的医療保険給付の除外」が「事業仕分け」議論の対象になったことで、注目度が高まったのであろう。

詳しくはこちら[PDF]

資料請求・お問い合わせはこちらから
ページ上部へ