新型インフルエンザ流行の診療現場への影響調査

2009年10月26日 [月]

新型インフルで医療現場は疲弊、他患者の「受診控え」悪影響も
患者モラル改善や学校・職場の冷静対応も望まれる

株式会社QLifeは、新型インフルエンザ流行が、医療機関の現場にどのような影響を及ぼしているか、緊急アンケート調査を行った。対象は全国の内科医師300人(病院56%、診療所44%)。

その結果、国民は混乱して医療機関に殺到し、医師へ必要以上の要求が増え、発症数以上に診療現場の仕事が増えていることがわかった。患者数は6割増。3割の医療機関では、他疾患の患者が「受診控え」する悪影響も出ている。

現場医師は、「ワクチン供給量の増加」と「情報発信体制の整備」を、政府に最も望んでいる。新型ワクチンの「優先接種対象者」も、6割近くが「定義が不明瞭」とした。ただし、患者のモラルや、学校・職場の対応改善を求める声もある。政府の対応改善もさることながら、国民の冷静対応が望まれる。

★詳細なレポートは、以下に掲載。
http://www.qlife.jp/square/influenza/story7551.html

詳しくはこちら[PDF]

資料請求・お問い合わせはこちらから
ページ上部へ