学びの姿勢で営業として成長する

企画営業 A.N.

学びの姿勢で営業として成長する

A.N.企画営業

2014年4月、新卒で国内製薬企業に入社。
MRとして、プライマリや中枢神経系領域を中心に担当。
2019年2月、株式会社QLifeに入社し主に製薬企業や
ヘルスケア領域事業会社のマーケティング部門に対する
ソリューション企画営業を担う。

  • # improve myself
  • # 企画営業

患者さんに寄り添った仕事をしたい

前職では製薬企業のMRとして、医薬品情報を医療機関に提供してきました。やりがいを感じていましたが、より患者さんに近い立場で仕事をしたいと思い退職、QLifeに転職しました。医療に関わる企業はいろいろありますが、QLifeは患者向けのメディアを複数運営し、直接メッセージを発信したり、患者目線で悩みを解決するためのソリューションを提供したりと、まさに私が理想とする事業を展開していることから入社を決意しました。また、QLifeは医療従事者向けのメディアも運営しており、これまでMRとして培ってきた疾患や薬剤の知識を活かせるなと思った点も決め手となりました。

企画営業 A.N.
企画営業 A.N.

先輩社員から学ぶ「チームワーク」

入社後、先輩社員のさまざまな案件に共に携わる中で、QLifeの営業としての立ち回り方、クライアント・ユーザーとの関わり方など多くを学びました。現在は担当クライアントを持ち、周囲のフォローを受けながら、クライアントの課題発掘、課題解決のための提案書作成から、案件の受注、進行管理、納品まで一貫して携わっています。クライアントの希望を叶えるためにどんな提案が可能か、企画段階から編集チームやITチームと一緒にアイデアを出し合いながら進めます。1つのプロジェクトに関わる人数が多く、営業として私が担当するのはどこまでで、どこから他のチーム員に任せていいかを考え、自ら積極的に動かなければいけない難しさはありますが、チーム一丸で作り上げたものだからこそ、受注した際の喜びを全員で共有できるという良さがあります。

「最初に相談される営業マン」を目指して

「クライアントが最初に相談したくなる営業マンになりたい」、という目標を持っています。常日頃から積極的に提案することはもちろんですが、クライアントが何か困った時に、「まずQLifeに相談しよう」と思っていただけるような信頼関係を築くことを念頭に、今一番頑張っています。実際、私の横に座る先輩は、クライアントからの相談電話を日々受けており、「何かあったら頼る先」として認識されているのだと感じます。
QLifeは本当に風通しが良い会社です。人の意見に対し、否定したりせず、まずはじっくり耳を傾け、相談に乗るというスタンス。良い意見であれば実現に向けて、難しいときは、どのように改善して実現に近づけるか、サポートしてくれます。そういう環境で成長させてもらいながら、1日でも早く理想に近づきたいです。

企画営業 A.N.
企画営業 A.N.

improve myself 向上心を持つ

実務に必要な知識の習得と、営業としての考え方という主に2つの面で、常に向上心を持ちたいと思っています。アプリ開発や冊子作成など、前職では関わってこなかった業務はおもしろい反面、勉強しなければいけないことが多くあります。「こういう知識があればもっとスムーズに提案できるのに」と感じることも最近増えました。本を読んだりセミナーに参加して知識を増やすだけでなく、メンバーからの学びもプラスするようにしています。
また、営業メンバーのバックグラウンドはさまさまで、同じMR出身の人もいれば、医薬代理店、コンサル、不動産と出身業界が違うので、得意とする分野も違います。ビジネスに対する考え方やクライアントとのコミュニケーションの取り方、提案書作成の方法など、日々学びながら営業活動に活かしていきたいです。

企画営業の
応募要項はこちら
ページ上部へ