【11年10月版】「お薬探しの“切り口”」の最新動向

2011年11月08日 [火]

朝晩の冷え込みが強くなったことを背景に、“かぜ”症状に対する処方薬の検索が増加

検索数ランキングでは、今月も【皮膚】【ロキソニン】【高血圧】がTOP3を占めるなど、上位に大きな変動は見られなかった。

増加数ランキングでは、朝晩の冷え込みが厳しくなった10月を表すかのように、いわゆる“かぜ”症状に対して処方される薬剤の検索が増加した。具体的には、【ムコダイン】【ムコソルバン】をはじめとする去痰剤、【フロモックス】【クラリス】といった抗生物質、そして【メジコン】などの鎮咳剤といったかぜの諸症状を抑える薬剤名が上位に並ぶ結果となった。

詳しくはこちら[PDF]

資料請求・お問い合わせはこちらから
ページ上部へ